ナノプラチナスキン 「おやすみ抗酸化アンチエイジングアームカバー」 | Wellness Plus

1/5

ナノプラチナスキン 「おやすみ抗酸化アンチエイジングアームカバー」

¥2,500 tax included

*This item will be delivered on 9/24(Fri) at the earliest.

*Shipping fee is not included.

Add to Like via app

ナノプラチナスキン 「おやすみ抗酸化アンチエイジングアームカバー」

二の腕のブツブツ、気になりますよね。肌表面の常在菌と保湿バランスの乱れが原因と言われています。

Wellness Plusでは、加齢の元になる活性酸素(余剰酸素)を、生地に結合させたナノプラチナの力で還元(水と酸素に分解)することに成功しました。

生地の裏側には銀イオン練り込みの抗菌糸であるバクテリアバスターを使用しており、ナノプラチナの持つ保湿性と合わせることで、肌表面のバランスを整えます。

肌のシワやシワ、たるみを何とかしたいと考え、この原因を追究する中で、原因物質である活性酸素に対して、ナノサイズにしたプラチナが強力な還元反応を起こす事を突き止めました。
一部の化粧品にプラチナ入りというのを見る事があったのですが、光沢の元として使用しているのではなく、抗酸化物質として使用しているということだったんですね。

Wellness Plusの独自技術で、ナノプラチナを生地に化学的に結合させることが出来ました。これは、生地を染色するのと同様の技術でナノプラチナを生地にくっつけており、プラチナは目に見えませんが、洗濯で落ちる事がなく、50回の洗濯でも変わらぬ抗酸化作用を確認済です。

抗酸化作用を目で見る事が出来ます。
酸化した状態の液体である過酸化水素水の中に"ナノプラチナスキン"を投入してしばらくすると、プラチナが還元反応を起こし、H2O2(過酸化水素)をH2O(水)とO(酸素)に分解(還元)します。
そのため、O(酸素)がブクブクと出てきます。(動画の左側)
※老化原因物質のH2O2を水と酸素に還元!

プラチナナノコロイドが持つ「還元力」とは、美容や健康にとって有害と言われる活性酸素による「酸化」に働きかける力のことで、健康に有害とされる過剰な活性酸素による「酸化」を防ぎます。プラチナナノコロイドからは水分子を介して電子が供与されるため、その酸化還元力は、体内や体表に触れている間、継続するのが特長です。
還元時に自らが酸化するため、効果が一度きりのビタミンC に比べて、プラチナナノコロイドは何度も繰り返し過剰な酸化を「還元」し続けることができます。肌の上にプラチナナノコロイドが乗っている間、プラチナナノコロイドの電位が肌を保護し、さらに肌を最適な電位バランスに導きます。

生理的作用として皮膚への水分の浸透は角質層までです。そのため、長時間入浴しても肌に水分が含まれてドロドロにならないのは、肌に水分保持とバリア機能があるからです。自ら電位を帯びるプラチナナノコロイドは、肌の電位バランスを整え、バリア機能を回復させる力を持っています。また電子を供給することで皮膚細胞が正常化されるため、日焼けの後のお手入れや、乾燥によるダメージなどからも肌を守ります。バリア機能と皮膚細胞の正常化と、プラチナナノコロイドの水分供給によって保湿効果が持続します。

こだわったのはナノプラチナ加工だけではありません。
生地にもこだわりました。肌に優しいオーガニックコットンを全体に使用しています。

<オーガニックコットンとは>
普通の綿花栽培では、かなりの量の化学肥料と農薬が使われています。
農薬は害虫駆除、雑草の管理、防カビや殺菌消毒、収穫前の落葉剤などで、国ごとに厳しい規制が設けられていますが、それでも環境や農家の人たちの健康に影響を与えます。
また過剰な化学肥料が土壌に残ると地下水の汚染、土壌微生物の消滅などにより、作物を育てる土壌の力が減少します。
オーガニックコットンを作ろうと決めた農家は、基準に定められた有機肥料などによる土壌作りを行い、禁止されている農薬の類をいっさい使わないで、転換期のオーガニック栽培を続けなければなりません。
この畑と栽培の実際が第三者認証機関の認証を受けて、初めて「オーガニックコットン」と表示して販売できる綿花が栽培できるようになるのです。

また、肌に当たる面には抗菌銀イオン練り込みのBacteria Buster(バクテリアバスター)を使用しており、肌のブツブツの原因菌にアプローチしてくれます。

  • Reviews

    (0)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥2,500 tax included

最近チェックした商品
    その他の商品